投稿

4月, 2015の投稿を表示しています

Postoss公開しました

昭和記念公園に行くのが楽しみです。

昨日、投稿したRoarとCarrierWaveを使ってみて躓いたことで使用していた記事投稿のMountableEngineを、自サイト向けに作り直したものを公開しました!
Postossと言ってGithubで公開しています。
多くのTODOを残していますが、簡易的な記事投稿機能は実装済です。
使いやすさは皆無(READMEまともに書いてない)ですが、使ってみて言いたいことがあれば日本語で構いませんのでIssueを立ててくださると改善していくかと思います。
こんなのを使う方はいないと思いますが。

GW中にSketchBundleの方を何とかしないとな。

RoarとCarrierWaveを使ってみて躓いたこと

この4ヶ月間ほど余り更新出来ていいなかったので更新出来る間は更新していこうと思います。

今回は、RoarとCarrierwaveを使ったRailsアプリケーションでハマったことを書きます。

どんなアプリケーション?実際のRailsアプリケーションは公開出来ないため、代替のRailsアプリケーションを作りました。
自分のGithubのリポジトリsurvey内にあるsystem_linkageに置いてあります。

概要端的に言うとブログです!
ただ投稿用と表示用とでアプリケーションが分かれています。
「何故分かれているのだろう?」と、思うかもしれませんが、今回書きたいことの都合上分けています。

構成system_linkageは非常にシンプルな構成になっています。

app1は記事投稿用のアプリケーション
app2はブログアプリケーション
simple_postsに共通のモデルとRepresenterを定義しているFull Engine
無駄な部分はありますが、シンプルな構成です。

アプリケーションの起動アプリケーションは以下の手順で起動します。

redis-serverを起動
S3のアカウント情報をapp1,app2以下のconfig/environment.ymlに記載(config/environment.yml.exampleを参考)
app2以下のconfig/environment.ymlにapp1のURLを記載
app2以下でbundle exec sidekiq -C config/sidekiq.ymlを実行し、sidekiqを起動
app2を起動
app1を起動
これでアプリケーションの準備が整いました!

ブログ公開手順すでにアプリケーションは起動できているはずなので、ブログアプリケーション側で表示する手順の概要だけ書きます。

app1でカテゴリを作成
app1で記事を作成
これだけです!後は、1分毎に定期実行しているsidekiqのジョブで取り込まれます。

作成した記事データが連携されない「さぁいよいよ連携するぞ!」と思ってsidekiqを起動したのですが、いつまで経っても記事データが連携されません。

CarrierwaveのUploaderが原因?まず、記事のモデルとRepresenterを見て下さい。



うまく連携されるように思えるのですが、Carrierwav…

サイトの見た目を少し変更しました

本日サイトの見た目の中のロジック多少を変えました。
変更点は特に言うまでもないですが、色々な機能がドロップしているので随時修正していきます。
今後ともよろしくお願いします。

ちなみにサムネイル画像は休日に作ったアーモンドビスコッティです。
コーヒーにとても合いますよ。

2015年4月24日分のバグ修正

昨日、サイトを更新したのですがかなりの数のバグ(既知のもので)あります。
2015年4月24日にいくつかのバグを修正しました。
スマホ画面で表示時にメニューアイコンが表示されないトップページのContactセクションのアイコンが押下出来ないの2件をサクッと直しました。
他にもまだまだあるので随時修正していきますが、もし何かを見つけたのであれば一言コメントか連絡いただけると助かります!

来週のGW楽しみだな...