AWSの支払い情報をSlackに通知するLambda Function

最近は、既存の技術に対する調査などを行ったりしています。
今回は、その調査中に暇だったので作ったLambda Functionを紹介します。

どんなFunction?


AWSのBillingは特定のS3Bucketに対して支払い情報を置くことが出来ます。
そのうち、支払い情報のCSVファイルだったらサービスごとの集計値し、Slackへ通知するFunctionです。
すでにGithubに公開していますが、大分酷いコードなので自分で使う場合に綺麗にしていくことをオススメしますw

AWS Billing notifier

今後の課題


コード全体の流れを吟味せず適当に書いたので、リファクタリングして可読性をあげるのと
全体の集計値の表示、設定箇所を増やせるようにするのが課題かと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

ElasticIPを複数利用する時の注意

タスクの実行結果をwhenで指定するならcheck_modeつける

EC2にNameをつける