後で読みたいウェブサイトをTrelloにタスクとして追加する方法

ウェブサイトを後で読みたい時に、Pocketやリーディングリストなどといったサービスを利用すると思います。
私は、Discordに専用のチャンネルを用意して、そこにURLを貼っています。
量が少ないうちは十分なんですが、量が増えてくるとどこまで読んだのか忘れてしまう時があります。
今回は、Trelloに追加する方法です。

PC+Chrome

普段、Chromeを使っているため、Chromeの拡張で探してみます。

Trello

ありました。
Trelloです。



評価は微妙そうですね。
とりあえず使ってみます。
ボタンが追加されるので、クリックするとこのような画面が出てきます。



後で読むの箇所がボードで、未読の箇所がリストです。
単純に開いただけでは、Card TitleとDescriptionが入力されないですね。
Attach xxxにチェック入れてみました。(今回は、Discordに日本サーバー登場というタイトルのページを開いているので、Attach Discordに日本サーバー登場



チェック入れると、タイトル入れてくれるんですね。
ありがたいです。
後は、Addボタンを押せばタスクが追加されます。
評価は良くないですが、今回の利用用途であれば十分そうです。
使っていくと、問題が明らかになってくるのかもしれないですが。

振り返り

Trelloをインストールしておく。
後は、

  1. 拡張のボタンをクリック
  2. Attach xxxのチェックを入れる
  3. Addボタンをクリック

Android+Chrome

スマホでもChromeを使っているので、Trelloにタスクとして追加出来れば十分です。

前提


  • スマホにはTrelloのアプリをインストール済み

Chromeの共有

はい、ありました。
若干手間ですが、スマホのUI上仕方ないでしょう。
まず、共有...があるダイアログ?を開きます。



共有...をタップすると、共有先が表示されます。



その中のTrelloにカードを追加をタップする。
すると、カード作成画面が出ます。

後は、作成をタップすれば完了です。



振り返り

事前にTrelloのアプリをインストールしておく。

  1. 共有...をタップ
  2. Trelloにカードを追加をタップ
  3. 作成をタップ

最後に

他に良いやり方や、拡張があれば是非教えて下さい。
せっかくTrelloを使っているので、他のことでもTrelloをうまく使っていけるようにしていきたいですね。

コメント

このブログの人気の投稿

ElasticIPを複数利用する時の注意

タスクの実行結果をwhenで指定するならcheck_modeつける

EC2にNameをつける