人を動かすを読んで

帰省中に読んだ本の中野1冊である人を動かすを読んだ感想です。

人を動かす


この本は、アメリカ出身のデール・カーネギー氏の著書です。
割りと有名な本だとは思いますが、今回は自分の行動を振り返るという意味で読み始めました。

  • 人を動かす三原則
  • 人に好かれる六原則
  • 人を説得する十二原則
  • 人を変える九原則

といったように、章立てされています。
内容については省きますが、要は「相手の立場になって考える」ということになります。
本の中では、著名な方や一般の人達の多くのエピソードが載っています。
その中で、「彼らは何故成功したのか」といった観点で本が進んでいくように思えます。
「自分がこうされたら、嬉しいか?」と考えながら、読み進めていくとするすると、入ってくると思います。
実践しようとしても、中々難しいことがあります。
自分が育ってきた環境や、現在の性格などで、簡単に変えることはできませんし、忍耐が足りずにボロが出てしまうことでしょう。
だからこそ、今の自分に足りない人間的な部分の目標が出来ました。

人を動かせるか


それは無理だと思います。
本の序盤で出てくるエピソードで、人の心理は分からないということを書いています。
だから確実にできるとは言えないと思います。
また、ここに書かれているエピソードを元にして、悪用することもできるかもしれません。
この本では、そういった事を伝えたいのではなく、心の底から態度を変える必要があるということなのでしょう。
そうすれば、見える世界も、周りの環境も変わります。と。

この本は、定期的に読み直して、日頃の自分の立ち振舞を改善していきたいです。

コメント

このブログの人気の投稿

新生活始まります

ElasticIPを複数利用する時の注意

タスクの実行結果をwhenで指定するならcheck_modeつける