Postfixでsasl_passwdを変更するときの作業メモ

PostfixでSESにリレーしてメールを配信する仕組みを作っている時の作業を忘れがちなため、メモ書きを残す。

sasl_passwdの編集


大体の場合は、/etc/postfix/sasl_passwdにあると思うので、これを適切な内容に変更する。
DBファイルを作成しないと、再起動しても変更が反映されないので注意。

$ sudo vi /etc/postfix/sasl_passwd

Postfixで使うDBファイルの作成


変更した内容に基づいてDBファイルを作成する。
Postfixで使うDBファイルを作成する場合、postmapコマンドを利用する。
これが終わったら、後はPostfixの再起動だけである。

$ sudo postmap /etc/postfix/sasl_passwd

Postfixの再起動


今回は、systemdを利用しているので、systemdでの例を書く。

$ sudo systemctl restart postfix

最後に


何回も同じ作業をやっているのだが、短期間で頻繁に設定することがないため、忘れてしまう。
このあたりの設定もAnsibleでできるようにしておくと捗りそう。

コメント

このブログの人気の投稿

ElasticIPを複数利用する時の注意

新生活始まります

Deviseのメールを非同期で送信する