RDSのMultiAZについて

Amazon RDS Multi-AZ 配備という公式のドキュメントに書いてあることだが、RDSのインスタンスをMulti-AZ 配備という項目を設定するだけで、簡単にMulti-AZ構成にすることができる。
ただし、DB Instanceが所属するDB Subnet Groupに設定するSubnetが複数AZであることが前提条件である。

今の案件で最初から、DB Subnet Groupに複数AZのSubnetを登録していため、特にはまらずMulti-AZに変更することができた。
単純に可用性を高めたいだけだったので、レプリカインスタンスを作るのではなく、Multi-AZ構成で十分である。

コメント

このブログの人気の投稿

ElasticIPを複数利用する時の注意

タスクの実行結果をwhenで指定するならcheck_modeつける

EC2にNameをつける